亀岡城下町景観めぐり 関酒造



関酒造 この花桜

亀岡城下町景観めぐりで亀岡市観光協会の城下町めぐり満喫コースがあります。

その城下町めぐり満喫コースのモデルコースの5番目にいく関酒造は
昔ながらの旧家が並ぶ亀岡市紺屋町に城下町景観として居をかまえ
存在感を漂よせています。。

亀岡城下町景観として古き良き雰囲気を感ずる関酒造は、旧家として一番古く
創業は明治8年頃で屋号は、井づ源といいます。

江戸時代に関家は、亀岡市内に35町もの田畑を持つ豪農でありました。

酒造りは、江戸末期に副業として始められ、現在の建物は、江戸末期から
明治にかけて建てられた旧家の景観ただよう建物です。

関酒造は、昔ながらの手作りの袋しぼりでお酒つくりをしており
お酒の種類は亀岡で有名な、この花桜・古春(上撰)この花桜(原酒)
このはな桜(涼)等がありまろやかなのみやすいお酒です。

関酒造へのアクセスはこちらからどうぞ⇒亀岡市城下町景観 関酒造
posted by 京都亀岡のさくら at | 亀岡の城下町景観めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャート上に描画が可能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。