嵯峨野トロッコ列車の発祥は?




嵯峨野トロッコ列車

嵯峨野トロッコ列車は、亀岡市北町出身の京都政財界の大御所といわれた
田中源太郎が敷設した旧山陰線を利用したものです。

そして、平成元年3月に山陰線が複数電化した時に、嵯峨嵐山と亀岡(馬堀)駅間が新しいルートに切り替えられ、廃線になった旧山陰線のルートをトロッコ列車として復活させたものです。

嵯峨野トロッコ列車への交通アクセスは、JR京都駅からJR嵯峨野線に乗り換えてJR嵯峨嵐山で降りると、すぐに嵯峨野トロッコ列車の始発駅のトロッコ嵯峨駅に
直結しています。

嵯峨野トロッコ列車は、当初は、約30kmで走っていましたが、お客様の「景色を楽しみたい」というご要望に応えて、自転車でゆっくりと走る感じの平均時速約25kmで走るようになりました。

嵯峨野トロッコ列車の路線の距離は、トロッコ嵯峨駅からスタートしてトロッコ嵐山駅、トロッコ保津峡駅、そして終点のトロッコ亀岡駅まで7.3kmを約25分で走ります。




posted by 京都亀岡のさくら at | 嵯峨野トロッコ列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャート上に描画が可能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。